ダイエット(減量)

脱3日坊主!!運動の継続率を2.5倍高める方法✅

こんにちは

パーソナルトレーニングLOL代表の土屋広夢(ツチヤヒロム)です。

読者さん

ダイエットの為に運動を始めたんですが、なかなか続かないんです💦

トレーナー

なるほど!では、心理学的に効果の実証されている継続のコツをご紹介するね!

トレーナー

この記事を見終わった頃には3日坊主とおさらばです🔥

この記事を見るメリット

心理学で実証済みの継続のコツを知る事が出来る!

継続のコツは努力ではなく仕組み

運動が継続出来るコツは努力では無くて継続できる仕組みを作る事。
継続のコツは努力ではなく仕組み

皆さん、「ダイエットの為に運動をしよう!」と決意を固めても続かなかった事ないですか?

恐らくこの記事を読んでいるという事は全員当てはまると思います。(笑)

「継続が出来る人」「継続の出来ない人」大きな違いは何だと思いますか?

根性?

気合い?

メンタルの強さ?

それらの要素もあると思いますが、大きな違いは「継続の仕組み」を作っているか否かの違いです。

努力での継続は続かない。

僕が筋トレを継続出来るのは「筋トレが好き」という事もありますが。

筋トレをせざるを得ない状況を作っている事が継続出来ている大きな要因です。

その要因とは

「仕事が終わったらジムに直行する事」

です。

結構、当たり前な事の様に感じます。

この行動の方法を心理学の用語で

「if-thenプランニング(イフゼンプランニング)」

と言います。



継続率を2.5倍高めるif-thenプランニング

if-thenプランニングを使って運動の継続を無理なく行おう!
if-thenプランニングは継続率を2.5倍にする

if-thenプランニングとは?

「XをしたらYをする」

といった感じで行動の紐づけを行います。

  • 仕事が終わったら(X)でジムに行く(Y)
  • 朝起きたら(X)コップ1杯の水を飲む(Y)
  • 電車に乗ったら(X)本を読む(Y)

といった感じで「XをしたらYをする」と事前に決めておくことです。

選択肢の多さが継続を妨げる

運動の継続できない方の多くが仕事が終わると

  1. ジムに行く
  2. 家に帰ってからジム
  3. 食事をしてからジム
  4. 少し寝てからジム

など多くの選択肢の中から選ぼうとします。

この決断を迫られいる時に言い訳が頭に浮かびます。

「今日は疲れてるから明日の方が良いかな…」

「仕事が少し残っているしな…」

と人間は言い訳を考えてしまいます。

なので、余計な事を考える間を無くし「ジムに行く!」それだけで大丈夫です。

ジムでする事はジムに行ってから決めれば良いのです。

パーソナルジムに通うと高確率で目標達成できる理由

パーソナルジムは「トレーナーの目」があります。

お客さんは最初に目標を口にしている事で「一貫性の法則」が働くために「継続・達成率」が高いんです。

本気で身体を変えたいならボディメイクのプロフェッショナルであるパーソナルトレーナーに依頼する事をおすすめする由縁です。(ポジショントークですみません(-_-;))

一貫性の法則については別の記事でご紹介します!

ちなみにif-thenプランニングは運動のみならず、勉強などにも使えるので日常で有効的に活用してください。



まとめ

  • 継続は努力ではなく仕組みの差
  • 継続にはif-thenプランニングを使おう!
  • 「XをしたらYをする」といった行動の紐づけ

【おすすめ記事】

パーソナルトレーニングの依頼はこちら