ブログ

ビタミンEのすべて(ビタミンE完全マニュアル)

こんにちは!

大阪市の出張型パーソナルトレーニングLOL代表の土屋広夢(ツチヤヒロム)です。

今回はビタミンEについて解説していきたいと思います。

ビタミンEのキーワードは「抗酸化作用」(アンチエイジング)です。

この記事を見ることであなたの美しいのレベルアップ間違いなしです!

ビタミンA

ビタミンB

ビタミンC

ビタミンD

ビタミンEを簡単に解説

ビタミンEは脂溶性ビタミンであり脂質と一緒に摂取すると吸収率が上がり、抗酸化作用が強い事で有名です。

ビタミンEは脂溶性ビタミンです。

なので、脂質と一緒に
摂取すると吸収率が上がります。

抗酸化作用が強いことが非常に有名でしょう!

抗酸化作用…簡単に言うとアンチエイジング

ビタミンEの解説

ビタミンEは

トコフェロール4種{α,β,γ,δ}

トコトリエノール4種{α,β,γ,δ}

8種類の総称です。

→たんぱく質はアミノ酸の集合体。的な感じです。

トコフェロール・トコトリエノールの違い

ビタミンEの
トコフェロール・トコトリエノールの違いは

トコフェロール:持続性のある作用

トコトリエノール:即効性のある作用

と覚えて下さい。

基本的にはここまで細かく活用する事は
ほぼないので頭の片隅に…

ビタミンEを徹底解説

ビタミンEは強い抗酸化作用をはじめとして動脈硬化の予防・血行促進・ホルモン活性化などの働きがあります。

ここからはビタミンEの働きや欠乏症(不足)に
ついて詳しくお話をしていきます。

ビタミンEの働き

ビタミンEは冒頭にもお話ししたように
抗酸化作用をはじめとして、
様々な働きがあります。

  • 抗酸化作用
  • 動脈硬化の予防
  • 血行促進
  • ホルモン活性化

ビタミンEの抗酸化作用

人間は酸素を利用して
エネルギーを作り出します。

酸素を利用すると同時に
「活性酸素」が生じます。

活性酸素は老化・がん・しわ・しみ
糖尿病・脂質異常症・動脈硬化の原因となります。

この活性酸素から身体を守ることを
「抗酸化作用」と言います。

ビタミンEは「抗酸化作用」が非常に強い栄養素

アンチエイジングには欠かせないというわけです。

ビタミンEが不足すると?

ビタミンEが不足すると疲れやすくなったり・老化の進行・生活習慣の進行・生殖機能障害が起こります。

ビタミンEが不足すると?

  • 疲れやすくなる(肩こりetc..)
  • 老化の進行
  • 生活習慣病の進行
  • 生殖機能障害

疲れやすくなる(肩こりetc…)

ビタミンEの働きの1つに血行促進の働きがあります。

逆にビタミンEが不足すると
血行が悪くなり、肩こり・頭痛などの
身体の不調の原因になる事も…

また、ビタミンEが不足すると
細胞の膜が壊れやすくなります。

結果、炎症を引き起こし
筋肉の再生に支障が出ます。

ビタミンEの実験でビタミンEの摂取により身体の酸化ストレス・筋肉の検証が少なくなったとの研究もあります。

トップサイクリストを対象にした研究では

ビタミンEの摂取により
身体の酸化ストレス・筋肉の炎症が
少なくなった研究もあります。

スポーツ愛好家の方は
ビタミンEの摂取が大切という事です。

ビタミンEを多く含む食品

ビタミンEはナッツ類・植物油・魚類・野菜類に多く含まれます。

ビタミンEは
ナッツ類・植物油・魚類・野菜類
多く含まれます。

ビタミンE食品一覧

  • アーモンド
  • 落花生
  • ひまわり油
  • オリーブオイル
  • ウナギ
  • たらこ
  • かぼちゃ
  • 赤ピーマン

ビタミンEは光に弱い為、
ナッツなどのビタミンEを
多く含む食品を保存するときは
直射日光を避けましょう

調理における損失は、
ほとんどないので加熱等も大丈夫です!

ビタミンEの摂取量

ここまで、ビタミンEの
重要性・多く含む食品を
見てきました。

実際にどれぐらいの量を
摂取すれば良いのでしょうか?

ビタミンEの摂取目安

性別推奨量上限
成人男性6.5㎎800㎎
成人女性6㎎650㎎

アーモンド10粒でビタミンEが約4㎎
かぼちゃ100gで約4.9㎎

のビタミンEが摂取できます。

かなり意識的に摂らないと
推奨量を摂れなさそうです💦

ビタミンEの過剰摂取

ビタミンEは脂溶性ビタミンの為に過剰摂取をすると血が止まりにくくなったり、骨粗しょう症のリスクが高まります。

ビタミンEは脂溶性ビタミンです。
過剰摂取(摂り過ぎ)すると
身体の不調が起こる可能性があります。

ビタミンEの過剰症として

  • 血が止まりにくくなる
  • 骨粗鬆症のリスクを高める

ビタミンEの過剰症は気にしなくてもOK

ビタミンEは脂溶性ビタミンではありますが
摂取量の2/3程度は便として排出される
そこまで過剰症に気にしなくても大丈夫です。

しかし、サプリメントなどで過剰症になる
可能性はありますので、摂取量をみて
正しくサプリメントを利用しましょう!

【おすすめマルチビタミン】

おすすめのマルチビタミン

以上になります。

この記事であなたの人生がワンランク上になれば幸いです。

【パーソナルトレーニングの依頼はLINEから】

友だち追加

【参考文献】

山本義徳 業績集(ビタミンのすべて)

スポーツ・健康栄養学

健康長寿ネット

厚生労働省